TeMo's TOWN

星野ても のオリジナルキャラクターイラストがメインのサイト。初めての方は『INFO』をご覧ください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年末より引っ張っていた、「思わぬアクシデント」について、昨日ついに決着がついたというか、完結いたしましたので、投稿いたします。
本当にお待たせして申し訳ございません…。



今回は事情により、イラストが間に合わす写真はっつけます。
年末年始の慌ただしさにつき、イラスト描いている時間がありませんでした…。

4位の時の後ろ姿で体育座りしている姿がかわいくて撮ったんですが、今回の記事はまさにこの写真がピタリとはまる内容だったんですが…。



前回のあらすじ☆

An×An2稼動と共にバンドを結成したデフォ男・てもちんらアンサーの5人の男達。いつか本物のロックスターになるぞと誓った5人だが、スタート直後に、思わぬアクシデントに見舞われるのであった…。



An×An2の本稼動2日目の出来事でありました。本屋で立ち読みしてたら…




…財布がスラれました…。




財布…と言っても殆どAn×An専用財布にしていたので、いわゆる貴重品の類は入れておらず、現金もそんなに大した額は入れていませんでした。




…が、An×An専用財布という事はつまり…


そこには4枚のAn×Anのカードが入っていた訳です!!






何てこったい!! 4人が誘拐されてしまった!!!



4人…と言っていますが、ウチのカードは5枚だったはず。
要するに、1人だけ誘拐されずに無事だった奴がいたのです。


そいつこそが他でもないメインカードだったのです。
彼だけ別の所に保管してあったので、1人難を逃れました。
誘拐という修羅場をくぐり抜けたメイン君がなんだか逞しく思えました。…こいつは…いつかきっと大物になる…。(ホントは悪運が強かっただけなんだが。)

取りあえずデフォだけでも無事だったのは非常に喜ばしい事だったのですが、(ネット会員の彼は再発行可能なんですが、カードが他人の手に渡るのはイヤなもんで)メインカード同様サブカ達にも愛情を注いでいた私としてはまさにその場で体育座りしそうな勢いでした…。しかし、そんな状態にもかかわらず、ふと“悪の組織に連れ去られた4人の仲間をたった1人で救い出すデフォのストーリー”を想像してしまい、自分はなんて楽天家だとこの時は本当に思いました…。(す…すいません…不謹慎ですよね…)


とりあえず、1人残されたデフォは4人を誘拐犯の手から救うべく、交番に行って被害届けを出しに行きました。

「うう、うえーーーーん!!! 俺の仲間が誘拐されちゃったぜーーーー!!!!
 た、助けてくれよーーーー!!!!!
 (す、すいません… 財布盗まれたみたいなんです…。 何とか見つけてください!!)」


とりあえず、警察には「捜してください」とお願いしたものの、多分盗られたカードは戻って来ないでしょう…。
その後は、過ぎてしまった事は仕方ないと、An×An1の思い出が詰まったサブカの事はスッパリ諦め、翌日速攻で新規作成しました。
長い間4人の仲間が居ないという状況が気持ち悪くて、さっさとカードを新規作成しちゃったんです。
…後に思いもしていなかった結末を迎える事になるとは知らずに…。


その後は、メインカード使いながら、合間をぬって、新規作成した4枚を交互に使い、ひたすらプレイした結果、とりあえず全員Bリーグに昇格し、4人にうち1人は本来のスタート位置のA3にやりました。
そうこうしているうちに年は明け、
…1月終わる頃には4枚全てA3に昇格させる…を目標に日々プレイをしているのであります。








…と、本当はここで、今回の記事が終わる予定でありました。
しかし…、年明け3日後に事態は急展開を迎えたのです。



1月3日、東京から大阪の自宅に戻り、郵便物を整理していたら、警察署からの書類みたいな物が…、そしてそこには思いもしていなかったことが書かれていたのです。




「あなたが紛失したと思われる財布がみつかりました。こちらの署で預かっているので取りに来てください。」(←みたいな事がかいてあった)




えええええーーーーー!!!!



う、うそ…、絶対に見つからないと思っていたのに…。



今すぐに4人が保護されている警察署へ駆け付けて行きたいところであったが、遺失物の引き取りは平日の限られた時間しか受け付けてくれず(←もろに勤務時間とかぶっている)仕方なく、明後日まで我慢する事にした…。


そして2日後、仕事を早引きさせてもらって警察署へ…。
あ、ああ…4人が…ま、待っている…。早く逢いたい…。
が、中に入って財布の件を話しても、担当者が来るまで待てと言われ、くっそー早くしろと心の中で叫びながら待ってました。
しばらくして「担当者」がやって来ました。手には見覚えのある財布が…。


ま、間違いない…、私の財布ーー!!


財布を受け取ると真っ先に確かめたのはAn×Anの4枚のカードの有無…
…そして…





4人とも無事でした!! 1人残らず無事でした!!!





中に入れていたお金は案の定盗られてしまっていたのですが、An×Anのカードがみんな無事ならそれでいい…!!
(本当にたいした額入れてなかったし…。)



警察の方の話によると、財布は盗られた後、金だけ抜き取られて、残りはどこかに放置され、そしてそれを拾った方が警察に届けてくださったのらしい。
…という事は、An×Anのカードは見向きもされず捨てられたのか…。それはそれでちょっと淋しい…。
私は警察の方とその場にいない、財布を届けてくれた方に「ありがとうございます」と言って警察署を後にし向かった先はゲーセンへ…。
カードがちゃんと使えるか、確かめたかったのです。4人とも元気でした。
A3リーグを戦い、4人中3人は優勝し…唯一3位だったのは栗リン…。彼もまた“サブカソフモヒの宿命”を背負ったみたいなんですが、そんなの今は関係ない。再び元気な姿を見る事が出来たのだから。


頭の中で思い描いていたストーリーは、“デフォが悪の組織を蹴散らして4人を救い出す”といった内容でしたが、実際4人を救ってくれたのは財布を届けてくださった方で、デフォは待っているだけで、なーんにもしませんでしたし、出来ませんでした。


無事仲間との再開を果たし、デフォは彼らにこう言ったに違いありません。

「…辛い思いをさせてゴメン…、
 もう手放したりしないから…!!」





…とまあこんな風にカード紛失事件に振り回された年末年始だったのですが、今回の一件で、1度は諦めた中で無事戻ってきてくれた4人が、そして他のカードが突然いなくなってしまった中で、唯一私のそばを離れなかったデフォが前よりもっと愛しく感じられました。


そして財布を警察に届けてくださった方には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。






…ところで…


勢いで作ってしまった4枚の新規カードどうしよう…。


今手元のカードは、デフォ1枚、他の男子が2枚ずつの計9枚…。
…バ、バンドやめて…や、野球チーム作ろうか…。


そんな冗談はさておき、私には9枚もカード使いこなす余裕はない…。しかもキャラ被りまくってるし!!

…というわけで、ほんの10日程の間、私の心を満たしてくれた新規のカード4枚は、役目を終え、今は机の片隅に眠っています…。(次にこいつらが日の目を見るのはいつだろう…;)




皆さんも盗難には気をつけてください。私もこの二度と味わいたくない経験をムダにしないよう以後気を付けます!!





<#4へ   =戻る=   #6へ>













テーマ:Answer×Answer - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。