TeMo's TOWN

星野ても のオリジナルキャラクターイラストがメインのサイト。初めての方は『INFO』をご覧ください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本は「エンタメラブ☆」なウチのやろー共ですが、てもちん君、軍配目当てに、「歴史地理社会」に浮気した時期がありました。


浮気生活の末、それなりに得た物もあったのですが…。



今回のお話は、中の人が、軍配を持った武士見たさに、メインカードで地球儀を投げ続けた日々を元に綴ったお話でございます。





☆   ☆   ☆









エンタメHEROの所属事務所の社長(56歳・男)は戦国武将が大好きである。


毎週欠かさずチェックしているクイズ番組“Answer×Answer”も、武士の衣装を身に付けた出演者を贔屓して視ている程だ。


「ああ、武士はいい…。特に軍配を掲げた姿はなんというかもう…たまらんな。」



彼は思った、
“ウチの事務所に軍配武士が欲しい”
将来性のありそうな人を誰かスカウトしてみようか…


…いや、待てよ、ウチのタレントにいたな…
“Answer×Answer”の出演者が…



翌日、社長は、Answer×Answerに準レギュラーとして出演している、自分の事務所の所属タレントである、エンタメHEROのメンバー達を呼び出した。
そして彼らにこう告げたのであった…。



君達の中から1人“軍配持ちの武士”を輩出したら、給料をアップしよう。



突然の社長の給料アップ宣言に大喜びの5人。
…が、直ぐに彼らは“軍配持ちの武士”獲得の条件を思い出し、一気に気分がブルーになった。
そうなのだ…軍配を持った武士の姿になるには


「歴史地理社会 名人」


を獲らなくちゃいけないのだ。



5人は思った、エンタメしか能の無い自分達にそれが出来るのか…。



てもちん「軍配か…、誰がチャレンジするんだ…?」
てもちんのこの問いにチャパ王は…
チャパ王「決まってるだろ?お前だよ。“歴史地理社会 師範”持っているのお前だけだろ。」


何を言う、チャパ王、“歴史地理社会 師範”はお前も持っているだろう(前々回の記事に載せたチャパ王のこのグラフはどう考えても歴史地理社会の師範のラインを越えてますよね。)と、てもちんは思ったが、チャパ王は…。


チャパ王「俺はこの前の“目指せチャパ王・エンタメ名人”で1ヶ月分のパワーを使っつまった…。疲れたから当分出たくねぇ…。」


との事で、社長からのミッションは、てもちんが背負う事となった。



その日から、てもちんは自分の…そして仲間達の給料アップのため、逆転ラウンドで大好きな音符を制限して、ひたすら地球儀を投げ続けた。
エンタメを制限する対戦というものは、てもちんにとってはハードなものであったが、地球儀を選択し続けた結果、ポイントは712pまで行った。




…が、しかし!!!




これ以上全く上がらないのだ。
上がらないどころかGpは減る一方。だって予選でちっとも出ねぇんだもん!!!
たまーーに出て来てもポイントがメチャクチャ獲りにくくなってしまっているし。
分かる問題で押し負けしてしまう。

それもその筈、彼の当日の所属リーグはSS2。



投げても投げても上がらない歴史地理社会のポイント。
そんな中彼を襲ったのが…。



“音符禁断症状”



音符…音符を使いたい…



ああもう、ツライツライツライッッッ!!



自分の今の目標は“歴史地理社会 名人”なのに何度逆転ラウンドでエンタメ選択をしそうになった事か…
…実際何回かした…。


エンタメを使わない対戦というモノが自分にとってこれ程しんどい事だったとは…。
解答台の前で「ムチャなミッション課せるな!! 社長のバカヤローーーー!!!」と言いかけたが、そんな事を言っては事務所をクビになるかもしれないので、言いかけた言葉をゴクンと喉の奥に飲み込んだ。



思う様に上がらない歴史地理社会のポイント、エンタメを制限している事に対するストレス…。
軍配はメチャクチャ欲しいがエンタメ選択を我慢するのは超ツライ。
さらに最大の得意ジャンルを使わないせいで、(…かどうかは分かりませんが…)決勝進出率はどんどん下がり、リーグもSS2からどんどん下がり、いよいよGpを取るべきか決勝進出率を取るべきか、そんな選択に迫られたのである。
何を目指したらよいのか段々と分からなくなってしまったてもちん。
彼は心身共にクタクタになってしまった。







翌日



バンドのメンバー達のケータイに、てもちんからこんなメールが送られて来た。






『俺、最近アンサーの番組に出るのがしんどい…。
自分がアンサーでどんな道を進んでいいのかが見えなくなったぜ…。

自分を見つめ直す為に“自分探しの旅”に出るから捜さないでくれ』







プーアル「ど…どうしよう…てもちんさんが自分探しの旅って…何処へ行っちゃったんでしょうか…。」
シェンロン「心配しなくても大丈夫だよ、プーアル。彼がヘコんだ時に行くところは大体決まっているんだ。
多分…そんなに遠くには行ってないと思うよ。」


慌てるプーアルをシェンロンが落ち着かせたが…。


プーアル「てもちんさん…エンタメを制限する対戦がよっぽど辛かったんですね…。
それなのに僕らの給料アップの為に…(ホロリ)

僕にも何か出来る事があればいいのですが…でも…僕には何も…。」








…本当に自分に出来る事は何も無いのだろうか?






プーアルは自分に出来る事は無いのかと、今まで自分が獲得して来たジャンル別のタイトルを確認してみた。
すると今までてっきり緑色だと思っていた“歴史地理社会”のプレートがいつの間にか青色になっていたのだ。そしてその後もGpを積み上げ、名人も夢でない位置につけ…






プーアル「エンタメしか気にした事なかったから気付きませんでしたが…僕“歴史地理社会 師範”持っていたんですね。






…よぉし、僕が頑張ります!!」








一方てもちんは、海の見える街で、1人ぼんやりと水平線を眺めていた。








彼は気分がブルーになった時、いつもここに来て海を見て沈んだ心を慰めていたのだ。
何処までも続く広い海を見つめているうちに、てもちんは吹っ切れた。



てもちん「…皆…ゴメン、俺やっぱりエンタメを使わない対戦は無理だぜ…。
皆の給料上げたかったんだけど…許してくれ…!!」







その日の夕方、てもちんは皆が練習をするスタジオに戻った。


プーアル「て…てもちんさん。何処に行っていたんですか!?突然居なくなって僕もう心配したんですよ!!」
てもちん「ゴメンな、プーアル心配かけて…コレ、お土産だ。




それと…皆ゴメン…。俺給料アップの為に頑張ってみたんだけど…」






プーアル「てもちんさん、その事については気にしなくていいですよ。“歴史地理社会 名人”のタイトルは…







…僕が獲りました!!






社長は誰でもいいと言った筈です。
…てもちんさんは…もう無理しなくていいんですよ。」



そう言って微笑む目の前の少年の手を握り締めながら、てもちんは言った。
てもちん「あ…ありがとうプーアル。お前のお陰で来月から給料アップだぜ!!ほらっお土産のお菓子、お前から食え。」



プーアルは、てもちんから手渡された、お土産の入った袋を見た。
そこには“天保山”と書かれていた。




プーアル「…ず、随分と近場で“自分探しの旅”をされたんですね…。(なんか心配して損した気が…)」





翌日、社長にプーアルの“歴史地理社会 名人”獲得について報告し、晴れて5人は来月から給料アップとなったのであった。






                  ☆   ☆   ☆





プーアルが「歴史地理社会 名人」獲得した瞬間、中の人は思いました。




…軍配持ちの武士はプーアルで見よう…。



軍配目当てに、メインカードでエンタメ制限して、逆転ラウンドで歴史地理社会ばっかり使った時期がしばらくあったんですが、エンタメがあまり出来ない対戦というのは、もうほんっっっっっとに辛かったです。
しっかし、てもちん君で散々地球儀ほり投げて名人に届かなかったのに、プーアルは決意してから僅か4、5クレ程で獲得しました。…こ、この差は一体…。




浮気生活で得た物…それは…







音符への愛を再確認した事…ですね。





 
<#21へ   =戻る=   #23へ>


















             

テーマ:Answer×Answer - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。