TeMo's TOWN

星野ても のオリジナルキャラクターイラストがメインのサイト。初めての方は『INFO』をご覧ください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンタメHEROのメンバー達が結婚式に出席したようです。


-待ち合わせ-



栗リン「てもちん…、遅いな…。」
チャパ王「ったく、何やってんだ、あいつ…。」


てもちん「…はぁはぁ、ゴメン、ゴメン。」
プーアル「遅いですよ、てもちんさん。」

てもちん「あれ、シェンロンは?
…あ、そうか、あいつラジオの仕事だったな今日。(←彼は結婚式直前にSSSリーグに行ってしまわれたのだ…)
あいつの分もお祝いして来なくっちゃな。」



結婚式とはリアルな世界の話ではなくてゲームの中での話。
ギリジンさんと、iceさんがこの度ご結婚をされるという事で、お祝いに行ったという訳なんですが…(詳細は主際者様のブログを御覧になってください。)






何と言いましょうか…、主催者さんどころか参加者らしき方にもお会いしませんでした…。

てもちん→1回
栗リン→4回
プーアル→1回

の、計6回参加したのですけどね。(「え、俺は?」byチャパ王)
ちなみにチャパ王の出番削ってまで栗リンを4回出した訳は今回の記事の後半の方で…。







指定の壁紙にして、てもちんに久々に青服、茶髪のコーディネイトさせて出席したのに…。
ああ、青服茶髪デフォマジシャンもカワイイっっ!!





何はともあれ、ギリジンさんとiceさん、おめでとうございます!!



    ☆   ☆   ☆





さて、今回は急遽栗リンの話。何やら彼がとんでもない事をしたようで
結婚式マッチのあった8月30日の出来事でありました。


てもちん「よお、栗リン。お疲れ。ん、何かスゲー嬉しそうだが何かいい事でもあったのか?」
栗リン「ああ…、やったぞ。このめでたき日に俺も愛する女性と結ばれる事が出来た…。」
てもちん「愛する女性…お前いつの間に…ってまさか!!」















栗リン「そうだ、そのまさかだ。か、感無量だ…(じ~ん…)」
てもちん「スゲー! スゲーぜ! 栗リン!!」
栗リン「ありがとう。しかし俺がエンタメ超人になれるとは夢にも思っていなかったな。正直チャパ王が獲得した時はマグレだとおもっていたからな…。」


チャパ王の出番削ってまで、栗リンを結婚式に4回出したのは、エンタメ超人がゲット出来そうだったからなんですね。





こうして2人目のエンタメ超人に栗リンがなった訳なんですが、ここから先がまたびっくりで…。





1400ポイント獲得後はどんどんGpが削られていくだろうと最初は考えました。
しかし、せめて1日ぐらいはトップ100に入れたいと思い、9月のデータを出すために(その月に1回でもプレイしないと順位が出ない…はず)9月1日に栗リンで全国対戦の舞台へ。

そこで栗リンはまたもやエンタメGpを積み上げます。
ポイントが殆ど削られない対戦が続き(25戦前の私は何をしていたんだ…)加えて逆転ラウンドで2試合連続で単独正解したりで、ポイントはどんどん伸びて、
1628Gp
気が付いたらここまで上がっていました。
1600越えれば十分…。この時点でその日のプレイは終了…。




翌日9月2日


この日付けのエンタメランキング…。




13位 栗リン



えぇえぇぇーーー!!!




1628pで止めないで前日にもう少しプレイしていたら1日だけでもトップ10入りしたかも…しれない。次の対戦でポイントが消える気配も無かったし。




ちょっと惜しい事したかな…。








その後栗リンのエンタメGpは1694Gpまで伸ばし、多分これが限界ラインでしょう。
後はGpもランキングも下がるのを待つのみ…(え)
ランキングは月末までにトップ100に残ってくれれば…。

そしてさり気に歴史地理社会が名人ラインに届いていますね。この間栗リンで「歴史地理社会 名人」ゲットしました。
エンタメしか育てていない中で頑張ったな…地球儀。



プーアル「栗リンさんがここまでエンタメをGp積むとは思いませんでしたね。」
てもちん「なあ、俺に余分な294Gpくれねぇか?それさえあれば俺超人になれるんだ。たのむー、俺にくれくれくれくれーーー!!」
栗リン「…無茶言うな…。俺も出来る事ならお前にやりてぇよ。」
チャパ王「しかし、惜しかったな…あと少しで1700越えしたのになぁ。」
栗リン「…いや、俺はそこまでは望んではいない。1700越えの夢は…てもちん、お前に託すぞ。」
てもちん「え、へ?」
シェンロン「そうだよ、君が僕らバンドの顔だし、やっぱりエンタメGp最高記録は君が出すべきだよ。」
てもちん「あのな…みんな…、簡単に言うけど…


栗リンで出来る事が俺だと出来ねーんだぜ!!(泣)」




エンタメの超人は1人居れば十分と思っていたのですが、今回の一件で、“5人をエンタメ超人”などとという欲望がムクムクと膨れあがって来たみたいです。



…可能な限り…頑張ってみます。





<#51へ   =戻る=   #53へ>

















             

テーマ:Answer×Answer - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。