TeMo's TOWN

星野ても のオリジナルキャラクターイラストがメインのサイト。初めての方は『INFO』をご覧ください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凄く遅くなりましたが、10月25日はアンサー学園の交流戦がありました。
指定の衣装が“エントリーした劇の衣装”もしくは“学生服”でしたので、女の子の役にエントリーしたため、劇の衣装が着れない2人は学生服での参加となりました。



↑ところで「さわやか青春」の壁紙に描かれている2人ってソフモヒとデフォ子に見えませんか?…そんなこと考えているプレイヤーは自分だけですか???






実は今回2人が学生服に袖を通すのは初めてです。自分は一体どんだけエンタメ衣装着たきりスズメなんだって話です。





プーアル「ちょっ、ちょっとてもちんさん、そんなカッコで行くんですか?」
てもちん「え、…あ、ああ…。









てもちん「何かヘンか…?」


プーアル「頭のシルクハットですよ。何でそんなの被っているんですか?」
てもちん「あー、コレか。なんかさこの学生服、ボタン上までビシッと締めてあってダサくねぇか? だから少しアレンジしてやったんだ。」
プーアル「しかし、そんなカッコじゃ校則いは…。」
てもちん「校則? 知らねーよ、そんなの。」



あのいかにもマジメ君な感じの学生服を、てもちん君に普通に着せるのに、どうも抵抗をかんじてしまい、頭パーツ使って“学生服を指定通りに着ていない生徒”を演出してみました…。


私が思うに、ウチのデフォ君は制服を指定通りにキチンと着用しないで、ボタンは留めず前は開きっぱなし、そして中にシャツかトレーナーを着ていたのではないかと思います。





※イメージ図



そして頭髪も、校則違反スレスレのダークレッド。(…ス、スレスレか…?)



こんな事言うと不良生徒みたいですが、要は自分のしたいカッコがしたかったというだけで、サボりとか、そういう事はしていなかったそうです。










一方優等生のプーアル君は制服のボタンはキチンと締めております。
がはは…プーアル学生服似合い過ぎる…ww
髪の色も、バンドやっている時は赤いズラ被っていますが、学校に通う時は地毛の茶色です。(黒があれば黒くしたかった…。)てもちんみたいに毛を染めて学校に行くなんて事は絶対にしません。


仮に頭にシルクハットを被らせる事が出来ても彼はきっと、やらないでしょう。

こんな事を書いていたら後の3人の学ランの着こなし具合も気になってきたな…。
栗とチャパも上のてもちんイラストみたいに中にトレーナー着ていたんじゃないでしょうか? どうもキッチリ着ていた印象がないなぁ…。
シェンは学ランよりブレザーの方が似合いそうだ…。







と、前置きが長くなってしまいましたが、交流戦のもようをお届けします。




今回は夜の部に参加が出来なかったので、昼の部のみの出撃です。
予定では、前半プーアル(SSスタート)、後半てもちん(SSSスタート)だったのですが…。





‐前半戦・プーアル‐










【対象者:るかぴ さん】


一戦目、参加者不在。しかしターゲットアイテム所持者とマッチング。







これに勝利し、ポイントゲット。





二戦目、参加者もターゲットアイテム所持者もいませんでした。







【たっつ~ さん】


三戦目、ターゲットアイテム所持者とまたもやマッチングするも、参加者は三度現れず…。
それにしてもプルメリア髪飾りってホントわかりづらいな…



この対戦も決勝進出を果たしターゲットアイテムゲットです。
プーアルはターゲットアイテムを取り逃がした回数がハンパじゃないのですが(…)交流戦の時は結構調子よかったんです。

そして3戦目終了と共にプーアルSSS3昇格です。



予定していた3試合が終わり、てもちんに交代…。



‐後半戦・てもちん‐





一戦目、オーディション参加者の衣通☆奏恵さんとマッチングです!
この方は桃太郎候補者ですが、他演目の方との対戦の成績は、最優秀作品賞の方で影響が出るので、ここは頑張らなくては…。


決勝は何とか同席して、決着は最終ラウンドに持ち越されました。







その決勝ラウンドはストレート負け。
力及ばず、乙姫候補者の方々ごめんなさい…。





二戦目、主催者さんのデフォ子さん、ゆずっちさんと対戦です。
ゆずっちさんは同演目候補者ですので、この対戦に勝利してポイントゲットと行きたいところなのですが、当方予選2Rはまったくいいところ無しで、逆転ラウンド突入時には先方様にかなりの点差をつけられてしまいます。

これはこちらがポイント献上する方だと、最後の最後まで思ったのですが…。









辛うじてこちらが勝利し同演目候補者撃破の2ポイント頂ました。





さててもちん、交流戦最後の1戦…
…のはずなのですが…



プーアル「てもちんさん…、最後の1回、僕が出てもいいでしょうか…?」
てもちん「え、やだよ…、俺だって交流戦もっとやりたいぜ。」
プーアル「だって…てもちんさんばかり参加者の方と対戦してずるいです! 僕も参加者の方と試合がしたいですよ!!」
てもちん「…もしかしたらSSには参加者少なかったのかもしれないな。よ~し、お前、行け!
プーアル「はい、ありがとうございます!!」



6戦目、予定を変更してプーアル参戦、しかし、てもちんの好意とプーアルの願いもむなしくこの試合は参加者0人でした…。





その後、ポニ恵さんが企画されたイベントにもちょこっとだけ2人を参加させたのですが、こちらは参加者の方とは誰にもお会いすることはできず…。




25日の交流戦で、衣通☆奏恵さん、ゆずっちさんをはじめとする、対戦者の方々、ありがとうございました。そして参加者の皆様お疲れ様でした。




てもちんと、プーアルは、これの1週間後に自身のコンサートがあったり、後夜祭があったりで、忙しい月末を送りました。
コンサートと後夜祭の模様はまた後日。






<#63へ   =戻る=   #65へ>





















テーマ:Answer×Answer - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。