TeMo's TOWN

星野ても のオリジナルキャラクターイラストがメインのサイト。初めての方は『INFO』をご覧ください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の続き、エンタメHEROのコンサート兼ボーカリスト・てもちんのBLTの模様をお届けいたします。


コンサート2日目…


メンバー達はやっぱり緊張していました。(特にボーカルの人)
心臓ガックぶるぶるのメンバー達の控え室に1人の客人が…



ひまぢんさん「あの…隣で押してもいいですか?」


実はコンサート2日目は、“全国でマッチング”とは異なる形で、コンサートに参加された方がいらっしゃったのです。
ここのコメント欄でおなじみのひまぢんさんが、隣の台で、ウチのバンドの登場時間に合わせて全国対戦されておりました。
ちなみに今回ひまぢんさん登場させた件に関しましては、ご本人様の許可は得ておりません…。すいませんねぇ。





昼の12時28分、凄く中途半端な時間にコンサート2日目の幕があがりました。





シェンロン「さあ、てもちん、早くお客さんが君を待っているよ」
てもちん「だから俺は一発目に出るのはイヤだっつーーーーの!!!(>△<;)
えええーーーーい、お前が出ろ!!!」



と言って、てもちんは、またもや強引に一発目にSSSリーグの他メンバーを出してしまいました。








シェンロン「水色のスクーターの人だ! 僕達のコンサートを観に来てくれたんだ。」

CN不明な謎のシェンロンが、アンサー学園のイベントの参加者のトムヤムクンさんとお会いしました。
この方とはシェンロン誕生日マッチの時にも当たりました。なんだかウチのメンバーの中ではロン毛君と縁があるみたいですね。

そして、白いスクーターの方は参加者の方かどうか微妙なところなのですが(何日か前にお会いした時もこのカスタマイズでしたので)、参加者の方のブログにお名前を表記された形で画像がアップされていたので、こちらでもお名前出させていただきました。



この試合はシェンロン4位…。





1戦目が4位…、なんだか不吉な予感がしたのは気のせいでしょうか…(--;)




1日目は結構色々な方とマッチングがありましたが、2日目は昨日とはうって変わって、参加者らしき方との対戦は、この1戦だけ。ギター担当者以外は参加者の方とのマッチングは今回はありませんでした
チャパ王が拗ねています。なぜなら2日間で、この人だけが、参加者のどなたともお会いする事が出来なかったからです。…ああ、無念なりチャパ王。



参加者との対戦といえばむしろ、隣で押していた、ひまぢんさんの方が参加者の方と対戦されていたような気が…。









さて、ボーカル担当者・てもちんのBLTはどうなったのでしょう?





-BLT3試合目-

1R、くそ苦手な速答プレッシャーで根性出して1位ゲット。
連続で単独正解できたのが、大きかったようです。

2R、うそつきダウト。普段は結構楽しいダウトクイズなんですが、BLT時にはあまり出て欲しくなかったかも…。
びびって正解選択肢しか選べず、その結果点数があまり稼げません。
せめてウソ見破って点を稼ごうと思いましたが、ダウト失敗オンパレードで結果は3位…。

逆転ラウンドは追う立場で迎えたわけですが、またもびびってボタンを押すことができず、ああ、もう…、押さなきゃ勝てないのによおおおおおお!!



…が、対戦者の誤答等に助けられ、★2つで決勝進出!!
こんな内容で決勝進出していいのだろうか…、いえ、いいんです!!




これで3試合連続で決勝進出を決め、無傷のまま、ブロンズ合格にリーチ!!





が、しかし、決勝進出成功と言うことは…、行っちゃいましたSSS2!
アンサー2人生初のSSS2リーグが、BLT中になるなんて。





あ、あと1回決勝進出すればブロンズ…、始める前は、リーチの状態を迎えられぬままテストが終わってしまうと思っていたので、そう思うと、さらに心臓バックバクになりました。
隣で押していたひまぢんさんに「落ち着いてください」と言われたのですが、あ、あかん…どう頑張っても気持ちを落ち着ける事が出来ん!!

てもちんの間に他のメンバー使って気持ちを落ち着けようかと思いましたがダメでした。
緊張する必要のない他のメンバーの試合でも変に緊張してしまい、その結果、不甲斐ない試合ばかりさせてしまいました。
…ごめんよぉ…、皆…。



のどはカラカラなるし、2日連続の7試合は疲れたし、気分は落ちつかないしで、正直何度か途中で帰りたいと思いました…(え…)
ああ、でも、5人はプロのミュージシャン。お金はらってチケット購入してくれた、お客さんのためにも、しんどい、疲れたなどという理由で自分達のコンサートを途中で放棄するわけにはいかんのだ。



さて、リーチの状態を迎えたてもちんのその後の試合ですが、一言で言えば“ブロンズへの思いが強すぎて空回りした試合”でした。






-BLT4試合目-

1R、速答プレッシャー。先ほどこの形式で1位取ったので、自信もって挑んだのですが、やはり苦手形式…。こんどはダメでした。3位。
2R、ビジュアル。なんとかこの試合でブロンズ決めたくて、ふんばって2位。

逆転ラウンドの早押しは、全然わからない問題ばかりでした。頼みの綱のエンタメも、なんだか聞いた事のないような問題で、逆転ラウンドで★を獲得する事ができず予選落ち…くううう…、無念…!!



4試合終わって3勝1敗。1敗しただけでもう追い込まれた状態になりました。
ただ単に条件だけなら、シルバーのテストの方が難易度が高いのですが、精神衛生上はブロンズのテストの方が良くないような気がします。






-BLT5試合目-


泣いても笑っても最後の試合。
てもちん、テスト中ずっとロックスターのカッコでしたが、ここで表題の武士の衣装にチェンジしました。武士の衣装には、決勝進出に失敗した時点で着替えようと決めていたのです。

さて試合の内容ですが、これがねぇ…、5戦中もっともパープリンな内容だったんですよ…。
攻めなきゃポイント取れないと思って攻めたのですが、完全に攻め方を間違ってしまった試合で、1Rテクニカルは3位、2Rサバイバルはサバイバルボーナス狙って行ったら減点されて3位。
逆転ラウンド突入時には、2位に方に相当な差をつけられていて、それでも食いつこうと思ったのですが、しょっぱなから誤答して結果4位。



と、いうわけで、てもちんのブロンズのテストの結果は



○-○-○-×-×


と、言うわけで、ブロンズ昇格失敗です(><)


てもちん、BLT追試が決定いたしました!!
あ~あ、また受けるんかい…。






   ☆  ☆  ☆





コンサート終了後、てもちんとプーアルの2人は「憧れの人に渡したい色の花束」を持って、アンサー学園の後夜祭に参加しました。
後夜祭は本当はフル参加したかったのですが、時報マッチでヘロヘロになってしまい、てもちんとプーアルを1回ずつ出すのが精一杯でした。









そんなたったの2回の対戦でお会いしたのが、コンサート2日目の第1戦でお会いした、トムヤムクンさんでした。しかも連戦。本日3回のマッチング。すげ~!


対戦はどちらもこちらが負けました…。
シェンロン、プーアルで負けたときは、“これがてもちんだったらポイント献上…”と思ったものですが、最後の最後に同演目候補者対戦が発生し、とうとうポイント献上となりました(苦笑)








後夜祭が終わって…





プーアル「てもちんさんは、憧れの方に白い花をお渡しするのですね。」
てもちん「ああ。」
プーアル「誰なんですか? てもちんさんの憧れの人は…。」
てもちん「う~ん…、憧れの人とはちょっと違うんだけど…


俺、おととい頃まで、俺が花束渡したい相手は誰だろう…ってずっと考えていたんだけど、その人が誰なのか、今回のコンサートで解ったぜ。




今まで俺達を支えてくれた人達に…“ありがとう”って思いを、今の俺の真っ白な気持ちと共に渡したいなって…



…って、何言わせるんだよお前…!! て、照れるじゃねぇか…////(ベシベシベシ…とプーアルの肩を叩く)

プーアル「い、いたたた…。や、やめてください…、僕白い花の意味まで聞いてな…!!」


てもちん「ところで、お前は…何で4つも花束抱えているんだ?」
プーアル「え、僕ですか? 僕の憧れの人は…





バンドの皆さんに決まっているじゃないですか!!!




てもちん「え、へ? 俺ら…??」
プーアル「そうですよ。僕の目標は皆さんみたいなミュージシャンになる事なんですから!」







プーアル「てもちんさんには、このピンクの花束をプレゼントします。」
てもちん「あ…、ありがとう…。(ひゃっは~。こいつがそんな風に俺達の事を思っていたとはな…。こりゃこいつの前ではウッカリした事できねぇな…。」







なかなか大照れ照れな内容で終わりましたが、コンサートに参加してくださった方、応援してくださった方、本当にありがとうございました。
テストの結果は残念だったのですが、バンドの皆には支えてくださる方がいるという事を改めて感じた2日間でした。











エンタメHEROより、皆様に感謝の気持ちをこめて…


つ【白い花束】






<#65へ   =戻る=   #67へ>













テーマ:Answer×Answer - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。