TeMo's TOWN

星野ても のオリジナルキャラクターイラストがメインのサイト。初めての方は『INFO』をご覧ください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回もメインカードの対戦日記。


現在の状況:五段  Sリーグ  コス エンターテイナー

そしてエンブレムは…


再び16枚!!



再び巡って来たSSリーグ昇格チャレンジ。


ん、相棒1号・てもちんが泣いているぞ。

彼の身に何が起きたのだ?
…もしや、またもや昇格失敗したのか、それとも…。


さてさて運命の昇格戦。

形式は、奪取、虫食い、早押しの3つでノルマは80p。(よかった…チキンが無くて…(笑))



第1試合:奪取

おそらく鍵を握るのはこの奪取だろう。
いかに減点せずに得点を重ねる事が出来るか…
…それが出来れば苦労はしないが。


ここはポイント稼ぎ易そうなエンタメを選択。

しかし、慎重になるあまり、迂濶に手が出せずに、ポイントを、上手く取る事が出来ません。いつもならもっと大胆に行くのですが、今回は1回の減点が命とり。なかなか手が出せません。

開始早々連続でポイント取られてしまいます。

何とか…、何とかここでポイントを…

4問目、語文問題。
平安時代の文学に関する問題が出てきた。
これはチャンスかも。平安時代の文学は結構好きなのだ。
この問題は自分が取る!

1枚目…“それっぽい”カードだ…
取った!
…しかし無情にも画面にはでかでかと“×”の記号が。
2枚目… 今度こそ“それっぽい”
しかしまたもや不正解。

…あの、自分は本当に平安時代の文学が好きなのでしょうか…。こうも立て続けに間違えまくると疑わしくなります。

しかしここまで連続不正解だともう後には引けない…。

3枚目…今度は間違いない! 取った!!
画面には大きく“○”の表示が!!


…しかし、この問題でバカ押ししたせいで、-10pを背負い込むハメになったてもちん。
次は2倍問題。なんとしてもこの問題を取って、少しでもポイントゲットしなくては!

5問目は自然科学の問題。一瞬、An×Anの神を恨んだが、その中でも、比較的自信のある生物に関する問題。
これならいけそう。
確実に正解のカードを選び、なんとか奪取で10pゲット。

しかしスコアは10vs20でこの対戦は負け。
…4問目でバカ押ししなければ…

しかし、終わったことをいつまでもグチグチと言っても仕方ありません。
次頑張るしかない!


第2試合:虫食い

虫食いは割と私的に点が取りやすい形式。ここで確実にポイント取っていこう。
選択ジャンルはエンタメ使いたかったけど奪取で使ってしまった…。
仕方ないので漫アゲを選択。


試合開始。が、少し慎重になりすぎたせいで、またもや先制点を取られてしまいます。
が、1点先に取られてしまった事で、てもちんに火がつきました。
その後3連続でポイントを奪い、いよいよ2倍問題へ。次の問題も取ってここで一気に50p取ってやる!
が、困った事に、最後の2倍問題、答えが全く分からないのだ…。多分全てのパネルが空いても分からない。
しかたない。ここはスルーだ…。
しかし、相手の方には分かったみたいで、この問題を取られてしまい、最終スコアは30vs30のドロー。


第2試合が終わった時点で1敗1分の暫定4位。
プレーオフ進出は少し難しいかもしれない…。


ならば次の早押しで40p取るしかない!!!


運命の第3試合:早押し

選択ジャンルは漫アゲを選びたかったけど、虫食いで選んでしまったので仕方なく語文を選択。


もはやてもちん、40p取る事しか頭にありません。…ダメかも…しれない…。
しかし、調子が良かったのか、運が良かったのか、はたまたSS行きへの執念か、なんと開始早々立て続けにポイントを取り、ノルマの80pまであと10pの所まで来ました。

そして4問目…
分かる問題だ! ボタン押した! 解答権を得て慎重にタイポして…



…ピンポンピンポン~♪



…そう…



…この時点で…




SSリーグ昇格が決まりました!!!



そうなんです、てもちんは、昇格が決まってうれし泣きをしていたのです。



リーグ昇格が決まった瞬間、減点が恐くてボタンを押す手が急に固まってしまったのですが、早押しは勝利して、結局1勝1敗1分で2位でプレ進出。

プレの形式はもう何でも良かったのですが、なんと連想を選んでもらって、ダン!ダン!ダン!で勝って優勝しました。




晴れてSS行きが決まった訳なのですが、実は今回の昇格試験、若干腑に落ちない部分が…




対戦相手3人共協会員…だったのです。


やっぱり皆さんイベント大会の方に行かれたのでしょうか…???



そりゃあまあ確かに強豪が居なそうなイベント期間中狙いましたが、でも正直誰かは居るだろうとは思っていましたよ。
「夏休み大会」の時に全国対戦やった時は普通に人間3人と対戦出来たのですが…。しかも時間帯も、仕事や学校帰りのサラリーマンや学生さんが大勢居そうな時間帯だったのに…。

強豪どころか誰も居なかったという訳ですね。


本音を言えば、人間3人とやって昇格決めたかったのですが…。



今回の昇格、なんだか今まで頑張って来た自分に、協会員一同が、SS行きのチケットをプレゼントしてくれたような気がするのです。


クラインや、フーディーニや、早押しキングからのプレゼントなら、喜んで受け取ります。




An×An始めて んヶ月。スローペースなアンサー・てもちんが、次回ついに…



SSリーグのステージに立ちます!!!





…でもすぐにSに落っこちるだろうな…





<#45へ   =戻る=   #47へ>













テーマ:Answer×Answer - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。